毛抜で眉毛を抜くのはいけないの?

眉毛のお手入れとして、自分で眉を毛抜きで抜いている人もいると思います。
でも、眉毛を抜いたあとに、赤くなってしまったり、その部分から吹き出物ができてしまった経験がある人もいると思います。

 

また、細い眉毛が流行したときに、眉毛をずっと抜き続けていて、その部分の眉が薄くなったり、生えてこなくなってしまい、いつもメイクで眉を描いている人もいらっしゃることでしょう。

 

眉は人の印象やメイクのイメージを決定づける大事な部分ですが、それだけにそのときの流行で、毛抜きで抜いたり、ぞんざいな処理をしがちな部分でもあります。

 

肌のトラブルを招く毛抜きでの眉処理は、もう一つ問題があります。
それは、毛抜きで眉を抜くことによって、まぶたがたるむ原因になるということです。

 

それは年齢に関係なく、一般的には20代の後半から始まるといわれています。

 

目の周りの皮膚はとても薄くて、伸びやすいので、皮膚を日常的に引っ張っていると、まぶたがたるんできてしまいます。
そして毛を抜いた毛穴から水分が失われて、肌が乾燥します。

 

以上のような理由で、自分で眉毛のケアをするのは、あまり勧められません。

 

でも、眉毛の形は重要なので、お手入れしない訳にはいきません。
そんなときに、脱毛サロンの眉脱毛を試してみましょう。

 

脱毛サロンでの眉毛ケアがおすすめ

脱毛サロンでも、しっかりと技術力のあるところなら、デリケートな眉部分を、あなたのお好みの形で脱毛してくれますし、皮膚をひっぱることもないので、皮膚のたるみの原因をつくりません。その上、施術後はきちんと保湿ケアをしてくれるので、乾燥した肌にも潤いをもたらしてくれます。

 

永久脱毛した部分は、毛が生えてきませんが、綺麗にデザインされた理想の眉型に沿って、必要ない部分を脱毛することが可能ですので、オーソドックスで、流行に左右されない眉の形を選べば、まったく問題なく脱毛処理ができます。

 

カウンセリングなど、あなたにあった眉を一生懸命考えてくれる脱毛サロンを選ぶと良いでしょう。